旅行記トップ >  プラハ >  旅行記-1/2/3日目/4

プラハの旅 3日目

〜雨 そして、待つわ〜 2004年8月20日




雨 雨 雨 雨 雨 雨 雨 雨 雨 雨


今日は朝から雨である。
昨日までの狂った太陽はどこに行ったのか。

どうも、止みそうにない勢いである。

よし、こんな日にはバスに乗ろう。


◇          ◇          ◇



我々は、これまたホテルのフロントに置いてある、
ツアーパンフの中から、一つのバスツアーを選んだ。

Prague - Histrical City
BE FASCINATED BY PRAGUE'S HISTORY


所要時間は2時間。

良く見ると、「COMMENTARY IN 8 LANGUAGES」とある。
この8つの中には、日本語が含まれるのか、、、
ここには記載されてない。


ちなみに、ここプラハは、少なくとも僕の行動範囲内では、
日本語で書かれたツアーのパンフレットを見かけない。

手元にある、たくさんのツアーパンフには、

英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、

で併記されているが、日本語は含まれていない。

僕はなんとか英語が読めるが、妻は読めない。
イタリア語もパンフレットを読むほどのスキルはない。

妻が部屋に並べられたツアーパンフを見ながら言う。

妻: 「日本語ないね。チェコの人は日本人が嫌いなのかなぁ。」

ご: 「そんな理由じゃないでしょ。」


でも、確かに、他の都市のことを思い出すと、、、

ブルージュでは、
日本語の詳細な地図付きの便利なツアーインフォーメーション
(有料だったが)、置いてあったし、

ノルウェーでは、
多言語併記のパンフレットの中に日本語も含まれていた。

ロンドン、パリ、のホテルなどは、日本語だけのツアーパンフが置かれていた。


ここプラハはまだまだ日本人のツアー客が少ないのかもしれない。

まぁ、そんなところは世の中にぁ腐るほどあるだろうぜ。


◇          ◇          ◇



こんな形で、ノルウェー旅行のために買ったカッパが役に立つとは思わなかった。

雨が止む気配はない。


旧市街広場でバスに乗り込むと、
早速、ツアーガイドのヘッドフォンを着けた。

言語選択のスイッチを見ると、「日本語」があった!

しかし、
日本語ではなく、イタリア語が流れてくる。

あれ、おかしい。

スイッチをあれこれいじってみる。
でも、日本語にはならない。

周りの席を見てみると、言語のリストが違う。

ステッカーが貼られてる!

我々の席は誰かのいたずらで、そのステッカーがはがされていたのだ。


妻: 「これって、前は日本語があったけど、なくされた、ってこと?
    やっぱり嫌いなのかなぁ、日本人のこと。」

ご: 「いや、どこか別の、日本人が良く行く都市で使われてたバスを
    もってきて使ってるとか、そんなんじゃないかなぁ。」


外は雨、窓ガラスも水滴だらけで外が良く見えない。
ガイドは何を言ってるか分からない。

本来の面白さの10分の1くらいのバスツアーがはじまった。



こんな感じですから、テンション上がりません。


◇          ◇          ◇



色んなところを巡り、バスはフラッチャニ広場に到着した。

プラハで最も重要な場所のひとつ、プラハ城。

そのプラハ城に面しているこの広場で、30分のフリータイムだ。

ちょうどこの頃、雨の勢いは衰え、しとしと降ったりやんだり。



フラッチャニ広場から見下ろした眺め



プラハ城の門?かな?


我々はプラハ城内に入ってみる事にした。

すると、、、

すごい人である。

傘やカッパなどで、膨れ上がっているのか、
雨で行くところがなくて人が集まっているのか、
普段から大勢人が押し寄せているのか、
よく分からないが、

とにかく、雨に濡れてるうえ、この人ごみで、とても気分が悪い。

周りの人もみな険しい表情である。

旅は 『健康第一・天候第二』 である。


なんとか場内に入り込んだが、時間となったので、
ほとんど見学できぬまま、その場を後にした。

が、今度は、入る人の方が多かったために、出るのに一苦労。

ふぅー。

こういう時に子供付きは本当に大変である。

そしてバスは、もとの旧市街広場へと戻って行った。


◇          ◇          ◇



ランチは、その辺で歩いていてたまたま見つけた、ピッツェリア。


PIZZERIA ASTORIA
Ovocny trh 12 , P-1


ここで、僕はいつものように、「おすすめはなんですか?」と。

が、ウエイトレスには全く通じなかったので、自分らで選んだ。

 ・PIZZA ASTORIA
 ・サラダ
 ・コーラ×2

オーダーし、料理を待った。

















待った。
















ウエイトレス、カウンターでタバコ吸ってるし...。


























でも、待った。


























とにかく待った。
























もうそろそろだろー。

ウエイトレスに目で訴えるも、無視。























さらに、待った。

































どこまで改行したか分からないくらい、待った。

































待つわ





































いつまでも待つわ






























他の誰かに
あなたがフられる日まで




































あみん




































岡村孝子は




































元、あみん









































絶対に気づいているはずである。

こんなに時間がかかるのは、おかしいということくらい、

絶対に気づいているはずである!

まだランチにはちょっと時間が早いから、
我々含め5〜6組くらいしか客はいない。

忙しいわけではない。

そして、我々は目で訴え続けるが、
無視するかのようにこちらを見ない。

他の客には続々と皿が届くが、我々の皿は来ない。

でも、我々は待たされている。





待たされ続けている。





待たされ過ぎている。





待たされまくっている。





待たされ過ぎまくっている。





待たされ過ぎまくりまくっている。




























もうがまんができん!






30分ほど待ったであろうか。いや、もっとか?


「すみません。!」


そう言うと、ウエイトレスはすぐさま厨房に入って行った。

やっぱり分かっていたのだ、時間がかかり過ぎだということを。

言われる前に動け!

入ったかと思ったら、すぐに出てきた。

手には 我々がオーダーした皿を持って。


ウエイトレス、
バツの悪そうな顔をしながら、我々と目を合わせることなく、皿を置いた。


熱々ではないが、
取り替えさせるほどではなかった。

いっそのこと、冷めてれば良かったのに...


合計336コルナ。
約11ユーロ。

安い!
(ユーロが強すぎるのか)

おまけに、味は、ミラノのその辺になるピッツェリアと
同じレベルの味だった。
つまり、うまかった。
が、もちろん、おすすめはしない。


「写真なんか撮らなくていいよ!」

妻はカンカンだった。


◇          ◇          ◇



午後には、うっとうしい雨はあがった。


で、先ほどちょこっと立ち寄ったプラハ城。

普通のツーリストなら、真っ先に行くあの場所。

行くべきか、やめるべきか。

行かねばなるまい。

が、あの人ごみにまた突っ込んでいく根性は、
もう昨日で使い果たしてしまっている。

フライトは?
18:10

ってことは、午前中は十分に時間があるな。

明日にしよう。


ということで、街をぶらぶらすることにした。









『火薬塔』でございます。



火薬塔の隣にある、『市民会館』













ここ、プラハにも、ステキなお店がたーくさんある。

ショッピング、ショッピング。

っていうほどでもないが、ウィンドウショッピング含め、
街をぶらぶらしながら、ショッピングなど楽しんだ。


ヴァーツラフ広場。

国立博物館からまっすぐに伸びるこの広場は、

広場というより、大通りである。



国立博物館





おっ!ハトだ。


ここで、ハト3羽。

ちょっとさみしいけど、「餌付け」もできた。





そして、旧市街広場。

このころには、晴れ間ものぞいて、いい感じ。


ゴシック様式、ルネッサンス様式、バロック様式など、
時代の異なる建築物が混在しており、
広場を美しく彩っている。
                  (某、有名参考書より)





『旧市庁舎』
壁に天文時計が付いてます。
(注:この方向からは見えません)



『天文時計』


上までみるとこんな感じ。



『聖ミクラーシュ教会』



『ティーン教会』



『ヤン・フス像』


◇          ◇          ◇



夕食は、

中華!

プラハに到着したときから目をつけていた、中華レストランへ。

 ・ビーフン
 ・春巻き
 ・水ギョーザ
 ・マーボドーフ
 ・竹の子の野菜炒め
 ・ビール

うまいよー、ここうまいよー。

このビーフンは日本以外で食べたビーフンの中で一番うまい。

落ち着いた味だった。

合計467コルネ。
約15ユーロなり!

プラハ、食いもん安いなー。

ミラノの中華もそこそこ安いけど、そんなもんじゃないなこの値段。

場所は地下鉄A線(緑線)の「Namesti Miru駅」を出ると、
でっかい教会があって、その正面の広場から見える中華屋さん。


◇          ◇          ◇



で、ホテル戻って今日は終わり。






明日はいよいよプラハ城見学!
が、そこでも衝撃の出来事が!!(とおおげさに表現してみる)



Copyright © 2004 goipioci All Rights Reserved


[ PR ]  イタリア・ブランド  ALESSIアレッシー  BRITAブリタ  REPLAYリプレイ  DIESELディーゼル  イタリア語を勉強しよう  TOEIC英語 
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO