旅行記トップ >  プラハ >  旅行記-1/2日目/3/4

プラハの旅 2日目

〜踏んだり蹴ったりの一日〜 2004年8月19日




昨日、ホテルのフロントから入手した、数多くのツアーのパンフレットの中から、
ある一つのツアーを選び出した。

『ヴルタヴァ川の1時間クルージング』

我々、川があると、必ず船に乗ってしまうのである。
(あれ?この前はバスでそんなこと言ってなかったか?)



地下鉄にもぐって...

ホテルの近くの地下鉄は深ーいです。
ロンドンを思い出します。



トラムに乗り継ぎ...
(イメージです。これに乗ったわけではありません)

トラム、かっこよくないですか?
ミラノのよりかっこいいと思います、僕。



船着場へ。


では、船の旅をどうぞ・・・

















パリ、ロンドン、ヴェネツィア、先日はブルージュ、と色々な川を巡ってきた。

それらと比べると、ちょっと見劣りしてしまう。


◇          ◇          ◇



その後、息子との約束でマックへ。

我々も楽でいいや。

彼の目的はハッピーミール(日本ではハッピーセット?だったっけ?)
おまけが、ミニカーなのだ。


◇          ◇          ◇



腹ごしらえを終えると、いよいよ、例のお店へ、
これ→【送料無料】ボブルビーSAMバックTIAN(メタルブラック)を買いに向かった。


ちなみに、こういうの↓は、
パソコンがスッポリ入るリュック「ボブルビー」のメガロポリス/チタンパソコンがスッポリ入るリュック「ボブルビー」のメガロポリス/スピリットMEGALOPOLIS(メタリック艶消し)送料無料PEOPLE'S DELITE(艶消し)送料無料PEOPLE'S DELITE(限定特価)送料無料PEOPLE'S DELITE送料無料
昨日の店にもあったのだが、


僕が欲しいのは、こういうの↓なのだ。
BOBLBE-E 【ボブルビー】 バッグ SAM(サム) BLACK(ブラック) ウエストで光るボブルビー...ボブルビーSAMバック(シルバー)ボブルビー/ヒップバッグ【SAM Custom tune / PANTHER】マットブラック【送料無料】ボブルビーSAMバックTIAN(メタルブラック)【送料無料】ボブルビーSAMバックMILLENIUM(ミラー)


なぜかと言うと、ヒップバッグが便利だから。
いや、便利そうだから。

妻や、友人は持っていて、僕も欲しいんだけど、
ミラノにはなぜか粋なヒップバッグがない。

カッチョわりー、
まるでゴルフの時に腰に巻いてボールを入れとくアレ、
あんなのしか売ってない。見つけられない。

なにがファッションの街や!
どうやら、こちらではヒップバッグは流行ってないようだ。


◇          ◇          ◇



さて、
ボブルビーのサイトにあったもう一つの住所は、プラハ4区。

そして、我々の地図にはその住所が載っていない。
で、ホテルのレセプションの兄ちゃんに、その住所を探してもらった。

それによると、3、16、17、21のトラムでそこに行くことができるようだ。

楽勝だ。


トラム乗り場で待っていると、17番がやってきた。

早速、乗り込み、
地図と見比べ、現在地を確認しながら、目的地に向かう。

ある橋の手前に来た。

ここを左に曲がって・・・ってちょっとーー!!

トラムはまっすぐ進んでしまったのだ!


まただ!

実は昨日から、なにかトラムのルートが僕の持ってる地図と違うのだ。
で、行ったり戻ったりしていたのだ。


混乱していると、大きなショッピングセンターに到着した。

とにかく降りよう。


このまま引き返すのもなんだか悔しいから、
そのショッピングセンターに入ってやった。

で、このまま引き返すのもなんだか悔しいから、
そのショッピングセンターで買い物してやった。

そして、その中には、ネスカフェのコーヒー屋さんがあり、
壁一面の写真付きメニューを見てみると、、、

『アイスカフェラッテ』


これだ!


あっ、あっ、あいす?

夢にまで見たアイスコーヒーがあるではないか!

昨日の缶コーヒーといい、これといい、

すごいぞプラハ!

頑張ってるネスカフェ!

イタリアでも頑張って!


◇          ◇          ◇



ショッピングセンターを出た後、
しげしげとトラム乗り場のボードを見る。

我々は、なぜ、あの17番のトラムがまっすぐ来たのかを、
知る必要がある。

が、よくわからない。

で、その辺にいる人を捕まえた。

気が付くと、(本能的に)若い女性を捕まえていた。
そして、話しをすると、聞き覚えのある英語。
(本能的に)イタリア人を捕まえていた。
その女性はプラハで働いているという。

彼女の話しだと、
工事か何かで通行止めになってるところがあるらしく、
臨時的にルートが変わっているらしい。

しかし、彼女は我々の目的地の方面には詳しくなく、
どれに乗ればいいか、正しく教えることはできなかった。


とにかく、引き返さねばならないということは分かった。


◇          ◇          ◇



先ほど渡りたくなかった橋をもどり、すぐのトラム乗り場で降りた。

そして、目的地方面に歩き、トラム乗り場を確認した。

すると、全ての番号に斜線が引いてある。



通常はこんなんです。(注:これは、別の場所の乗り場です)

で、来ないトラムには、


こんな感じで、斜線が。(注:これは、イメージです。)


つまり、トラムは全く来ないということだ。

混乱した。


「じゃぁ、あそこにはどうやって行けばいいんだ。」

「インフォーメーションで聞くしかないな。」

ということで、「」のマークを地図で探した。

どうやら、プラハ本駅が一番近そうである。


◇          ◇          ◇



プラハ本駅に到着し、早速インフォーメーションを見つけた。



ご: 「エー、、、ちょっと聞きたいんですけど・・・」




女: 「"エー"、"エー" (ふん)。
    "エー"とか言う代わりに、"グッドアフタヌーン"とか言ったらどう?
    それが、コミュニケーションってもんでしょ。(ふん)」



ご: (あまりの出来事に硬直)

ご: 「す、すみません。グッドアフタンーン。
    トラムの路線について聞きたいんですけど、
    今、何か変わったルートを走ってますよね。それで・・・」




女: 「トラムの路線なら、あなたの後ろのあそにに地図とか全て書いてあるわよ。(ふん)」



ご: 「いや、そうじゃなくて、工事か何かで通常のルートと違う・・・」




女: 「だ・か・らー、あそこに全て書いてありますよ!(ふん)」



ご: 「はいはい、わかりました。見てみます。」


なんなんだ、いったい何が気に入らないんだ?

今まで、イタリアで色んなムカつくことに直面してきた僕だが、
全く違う種類の、イタリアでは経験したことのない、、、この感じ。

なんなんだ!


で、その女の指し示す場所には、通常のルート情報しかない。

やっぱり・・・。

しかし、もう一度あの女のところに行く気力はない。


とにかく、あの場所をトラムが通らないことは分かっている。

ならば、別のルートで。

その、通常ルートの路線図をじっくり...

分かった!

地下鉄とバスで行ける!


◇          ◇          ◇



こういうのは、後から後から来るものである。

いや、人によってはすぐに爆発できるかもしれない。

だが、基本的に気が弱い僕は、後から後から...。

色んな感情が沸いてきて、頭の中はそれで支配されていた。


妻が言った。

「チェコの人って日本人が嫌いなの?
 歴史的な何かでチェコ人が日本人を嫌う理由とかあるの?
 中国とか韓国の人みたいに。」

「さぁ、ないと思うけど。なんなんだろうね。」


妻がこんなことを言い出すのには、他にも理由がある。

行く店行く店、みんな対応が悪いのだ。

もちろん、全員が全員そうではないが...。

靴屋の兄ちゃんなんか、とてもいい感じだったし。


一番店員らしいと思ったのは、実はファーストフード店だった。

ファーストフード店はイタリアと同じレベルだった。

ちなみに、イタリアのファーストフード店の店員は結構ひどい。


僕は、こんがらがった表現をしているが、言っている意味は分かるだろうか。

ひどい対応のイタリアのファーストフード店と同じレベルの
プラハのファーストフード店が、まともに思えたのだ。

しつこいようだが、もちろん、全ての人がそうだったわけではない。


◇          ◇          ◇



話しはボブルビーに戻って、、、

実は昨日、

はじめのお店でお目当てのこれ→【送料無料】ボブルビーSAMバックTIAN(メタルブラック)
がなくて、ガックリしながらコーヒーを飲んでいたとき、

二つ目のお店、つまり今日のターゲットに電話したのだ。

同じように、ヒップバッグがあるかどうかを確かめるために。

しかし、相手は英語がうまく話せなく、
いや、僕の英語がひどかったのかもしれないが、
僕の質問は理解してもらえなかった。

で、とにかくそこでは一般人向けに商品を売っているかと尋ねた。
すると、「YES」だった。

そして、明日は開いているかを尋ねた。
すると、「YES」だった。

で、今日その店に向かうことにしたのだった。


◇          ◇          ◇



なんとか、乗り継ぎ、目的地の住所にたどり着いた。

しかし、店らしい店はない。

ふと、ビルの壁のインターフォンを見ると、そのお店の名前が。

押してみる。

反応なし。

とそのとき、ビルの壁に一枚の紙を見つけた。

チェコ語なので分かるはずもないが、どうやら、移転の案内らしい。


振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻った。

振り出しに戻ったのだ!




とりあえず、手持ちの地図で場所を確認した。

この場所は地図外だったが、移転先は地図内。

どうやら、バスで市内に戻る途中のあたりのようだ。



こうなりゃ意地である。

行くのだ。

絶対に行くのだ!


バスに乗り、

ターゲットの最寄のバス停で降り、

また歩く。


「このあたりなんだけど、、、、あっ!あったあった!」

遠くにあの名前が!

店の前までいくと、たまたま通りかかったおっさんが、

片言の英語で話しかけてきた。

「閉まった。5時、閉まる」(←イメージです)

「えっ?」

見ると、店内は電気が付いてない。

時間を見ると、5時5分。


で、さらに良く見ると、

ボブルビーどころか、バッグのかけらもない。

どうやら、何かの代理店かディーラーのようなところである。


こうして、
















いや、終わってない終わってない。

戻らなきゃ。


◇          ◇          ◇



一旦、ホテルに戻り、買い物を置き、「田村」へ。

「田村」というのは、ガイドブックにも載っている寿司屋さん(和食屋さん)である。

この前、寿司食ったばっかじゃん!

いや、いいのだ。
もう、我々のテンションをあげてくれるのは、和食屋さんしかない。


店内は、

壁に富士山と桜の絵。

僕らの席の横には、羽子板と、鎧兜。

京人形、茶碗、トックリ、etc.・・・

日本以上にニッポンだ。

 ・スペシャル寿司弁当×2
 ・かけうどん
 ・ビール
 ・水







イケる。

店員さんはガイジンさんだったが、
とってもいい対応をしてくれた。

値段は、合計1460コルナ。
46ユーロくらい。

こんなもんだ。

ミラノより、安いくらいじゃないか。


◇          ◇          ◇



その後、旧市街をぶらぶら。



実はこのとき、初めて旧市街に入った。

旧市街広場に着くと、馬車を発見。



あの日以来、馬車のとりこになった息子は、

もちろん、乗りたがる。

時間にして20分くらいだっただろうか。

ブルージュに比べると、かなり物足りない感じだ。

残念。


◇          ◇          ◇



その後、帰って寝た。






Copyright © 2004 goipioci All Rights Reserved


[ PR ]  イタリア・ブランド  ALESSIアレッシー  BRITAブリタ  REPLAYリプレイ  DIESELディーゼル  イタリア語を勉強しよう  TOEIC英語 
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO