旅行記トップ >  プラハ >  旅行記-初日/2/3/4

プラハの旅 初日

2004年8月18日




夏休みの最後を締めくくる旅の行き先は、

チェコ共和国 『プラハ』

3泊。

が、プラハに行った友人の話しだと、「3泊もいらない」と。

二つの旅を終え、疲れてきた我々は、

「まぁ、のんびりしようーや」

という、旅のコンセプトを打ち立てた・・・

つもりだったが、もっとも精神的に疲れる旅となるのであった。


◇          ◇          ◇



[7:30]
マルペンサ空港に到着後、すぐにチェックインを済ませ、

トイレへ。

また、掃除の人がいた(ホントしょっちゅう出くわす)が、
終わったようで、中にはは入れた。

 ・男性用: 使用禁止の便器2つ,床水びたし!
 ・女性用: 5個室中3つが使用禁止(妻談)

あの掃除の人は何をしてたんだろう。

ほんっと、イタリアだ。

色々な都市の空港でトイレを使ったが、
トイレの汚さはイタリアの空港がナンバーワンだ。


ゲートBに進む。
ゲート

げーとびー!?

ってことは、パスポートコントロールのあるゲート?


チェコは、最近EUに参加した、ヨーロッパ連合の国である。

ヨーロッパユニオンの国である。


なぜ?


ノルウェーはEUを断った国。

なのに、ゲートAで、パスポートコントロールなし。

チェコはEUに参加した国。

なのに、ゲートBで、パスポートコントロールあり。


どうなっとんねん、イタリア当局。
こういうもんなのか?


EU内に行くのに、パスポートにハンコ押されたわ。
このハンコのせいで、家族用滞在許可証出せないとかならんやろな!
ホンマたのむわ。


【ウンチク】
パスポートコントロールの有り無しは、

”EU加盟国かどうか”ではなく、

”シェンゲン協定加盟国かどうか”によります。

チェコはシェンゲン協定加盟国ではないんですね。
逆に、前回行ったノルウェーはシェンゲン協定加盟国だったわけです。

自分で自分に突っ込んでおきます。(失礼)


[9:15]
予定通りボーディング。
そして離陸。

乗客に日本人の姿は見られない。


[10:15]
サンドイッチ登場。

写真撮るの忘れた。


[11:20]
着陸。

天候:曇り(今のところは)


[12:10]
空港内のチケットインフォーメーションで、
感じの悪い女から3日券を購入し、
バスに乗る。


【Tip】
空港から市内への行き方
119番のバスに乗り、終点まで行くと、
地下鉄A線(緑線)の終点の駅「DEJVICKA」に到着する。
チケットは地下鉄やトラムの共通チケットと同じ。


このバスの運転のアグレッシブなこと!

ミラノのバス以上に荒い、
と、バスを良く使う妻が驚いていた。

[13:00]
ホテルに到着。

我々の泊まったホテルは、
見所からは少しは慣れているが、
トラムの停留所や地下鉄の駅も近いし
悪くないロケーションだ。



ホテルの近くはこんなところです。


【我々の泊まったホテル】
Hotel Lunik
Londynska 50, 120 00 Prgue 2
Czech republic
Tel.:(+420)-2-2425 3974
(+420)-2-2425 2716
Fax :(+420)-2-2425 3986
e-mail:recepce@hotel-lunik.cz
http://www.hotel-lunik.cz
 (別におすすめってわけではありません。)


チェックインの時、レセプションの女性が、

「乗り物の中や人ごみでは、サイフに気を付けるように。」
とアドヴァイスくれた。

やっぱり、ガイドブックに書いてある、
治安についての話は本当なのか。

ちょっとビビる。

※ 実際には特に危険は感じませんでした。
  子連れなので、夜の街とか、変なところとか行ってないし。
  普通の行動範囲内で、常識的な行動をしていれば、大丈夫かな。
  ただし、この"常識"というのは日本の常識ではありません。

[13:30]
ホテルの近くにケンタッキー発見!
ケンタッキーで昼食☆

上の文末に星マークが付いているのに気が付いただろうか。

我々、もう、

ケンタッキー(ハート)

なのだ。さらに、

ケンタッキー \(^o^)/

というか、むしろ、

ケンタッキー \(◎o◎)/!

なのだ。

なぜなら、ミラノにはケンタッキーがない。
(たぶんミラノだけじゃなく、イタリアにないんじゃないかな。)

マックとバーガーキングと、
まずいピッツァのファーストフードはあるが、

ケンタッキーはないのだ。


うまいよー。

うまいよ、ケンタッキー。

カーネルさんありがとう。


[昼食後]
ケンタッキーを存分に楽しんだ後、
ある目的地に向かった。

我々、いや、僕には観光以外に目的があるのだ。

これが欲しいの!→ボブルビーSAMバック

その名も、「BOBLBE-E」(ボブルビー)


これ、日本では、

スーパーでも売ってるんでしょ?
コンビにでも売ってるんでしょ?
ドンキホーテでも売ってるんでしょ?
(んなわきゃーない。)


ミラノでは、だいぶ探したが見つけられなかった。

で、僕は、ググった。

すると、
PRAGUE(プラハのこと)にショップがあるではないか!

しかも、スペシャルな匂い。

そして、さらに、サイト内をみると、
プラハ一区にショップを発見

BOBLBEE CUSTOM STORE
Sport Centrum Koral
Revolucni 1
PRAHA 1


◇          ◇          ◇



・・・ということで、早速そこへ向かった。


レセプションでもらった地図を確認し、狙いをきめた。

「よし、505番のバスだ!」

「この通りを歩いていけばバス停があるからね。」

なんて偉そうに妻に言い、我々は歩き始めた。



国立オペラ劇場(の裏側?)が見えます。


が、それらしいものがない。

また元の場所に戻る。


ターゲット変更。

「よし!今度は56番のトラムだ!」

小一時間...も待ってないけど、待つこと数十分。

たーくさんトラムは通り過ぎていくものの、

56番は来ない。

で、気がついた。56番、夜用だ。

夜用なのだ。(なんか変な表現だな)

僕はアフォだ。

あやうく、夜まで待つところだった。

そして、ターゲット変更。

「14番がいいんじゃないかなぁ。」

でも、ここは、14番のトラムは通らない。

「歩くか。」

歩いた。結構な距離だった。トラム乗りゃ良かった

我々、そこで思い知らされた。

プラハの日差しは予想以上に強かった!





ここはカレル広場かな。


◇          ◇          ◇



グデングデンになりながら、ようやくトラムに乗ることができた。

そして、お店にたどり着いた。

たくさん並んでる(ニヤリ)

早速店員に尋ねた。

ご: 「すみません、ヒップバッグが欲しいんですが。」

そんなものない、と、店員。

ご: (表現が悪いんだな。
    きっと、ヒップバッグなんて言わないんだな。)

ご:「じゃあ、一番小さいやつはどれですか。」

店員:「これが一番小さいやつです。」

指をさす先にあったのは、ちょっと小型のリュック。

違う。


やっとのことで、お店についたのに・・・


ガックリしてお店を出た。


◇          ◇          ◇



近くのショッピングセンターに入り、
その中の喫茶店でコーヒーを一杯。

ふぅー。テンションが上がらない。

ボブルビーのウェブサイトには、もう一店舗住所が載っていた。
しかし、そこは4区(ちょっと遠い)

「明日そこに行こうよ」


気を取り直し、プラハで最も重要な場所のひとつ

『カレル橋』へ向かった。



この塔の股をくぐると、カレル橋です。



股をくぐると、



こんな感じ。



橋からの眺めもいい感じです。



そろそろ渡りきります。


もう、暑いの暑くないのって。(暑いのだ)

こんな厳しい日差しは、
イタリアでもお目にかかれないんじゃないか!

って言うくらい暑かった。


◇          ◇          ◇



橋を渡り終えたら、マックで休憩。

プラハ城まで一気に、なんて思っていたが、
異常に疲れてきたので、観光をやめ、
トラムに乗りホテル方面。

トラムに乗っていると、通りにスーパーを発見。

トラムを降りた。


我々、旅先でスーパーに行くのが好きである。

旅に行くと、必ずスーパーに立ち寄る。

スーパーはその国の台所事情がうかがえる、
楽しい場所である。


ちなみに、
ここプラハには、ブルージュと同じスーパーがあった。


これです。


(注)これはブルージュの写真です。

このマーク、見覚えありません?

勝手にブルージュ(ベルギー)の
ローカルのスーパーかと思ってました。

この系列は欧州にたくさんあるのかなぁ。
ミラノでは見たことないなぁ。


プラハのスーパーで気が付いたこと。

ここは、他の都市に比べ、飲み物の種類が多い。

そして、缶コーヒーを見つけてしまった。

しかも、三種類。



ブラック、ホワイト、Mr.ブラウン
ははは、できすぎ。



ちなみに、イタリアには缶コーヒーがない。

以前はイタリアでもどこかにあったと誰か言っていたが
(ホントか?負けず嫌いでウソ付いたか?)
今現在、普通のスーパーには見当たらない。

そもそも、こんなもの、イタリア人が認めるわけがない。


ところで、
僕は食い物のこととか、写真とかよく載っけてるから、
グルメな人間ではないか、
なんて、もしも思われてしまっていたら、それは誤解である。
(誰も思ってないか・・・)

実は僕は、
缶コーヒーと板チョコで最高の気分になれる、
グルメとは縁遠い人間なのである。

久しぶりに飲む缶コーヒー、うまかった。

でも、やっぱり日本の缶コーヒーの方がうまい。


◇          ◇          ◇



一旦ホテルに戻って、休憩。


[8:00]
あまり腹減ってないけど、晩飯食わな。

ということで、ホテルのレセプションに
お勧めレストランを尋ねた。

分かっている。
ホテルのお勧めはあてにならないことは、
十分に分かっている。

でも、近所で済まそうよ。

教えてくれたのはここ

DOBA
Namesti Miru 16
Praha 2
(たぶんイタリアンです)



とりあえずビール

プラハには、おいしいビールがたくさんあります。
(このフレーズ、前にも書いたことあるなぁ)



キャベツとソーセージのスープ



ツナのサラダ
でかい。
普通のサラダ。



その名も『プラハパスタ』

印象は”焼肉パスタ”。

味は、そこそこですが、
麺はやっぱり、グニュグニュでした。

まあ、こんなもんです。


気になる料金は、全部で422CZK。
だいたい、13〜14ユーロってとこか。

安い!

イタリアと比べると、かなり安い。


◇          ◇          ◇



レストランからの帰り道、
たまたまあったコンビニ(?)キオスク(?)
に立ち寄った。

息子の好物の一つ、『メントス』を購入。

メントス一つ:17CZK

妻が計算しはじめる。

0.5〜0.6ユーロ

これまた安い!(とのこと)
イタリアでは、もっとするらしい。


◇          ◇          ◇



こんな感じで初日を終えた。

なんかダラダラやってしまった。






Copyright © 2004 goipioci All Rights Reserved


[ PR ]  イタリア・ブランド  ALESSIアレッシー  BRITAブリタ  REPLAYリプレイ  DIESELディーゼル  イタリア語を勉強しよう  TOEIC英語 
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO