旅行記トップ >  フィヨルド >  旅行記-1/2/3/4日目

フィヨルドを訪ねる旅(ノルウェー)

ベルゲン (2004.8.16)



今日、ノルウェーを去る。

フライトを逆算して、およそ13:00くらいまでは時間がある。



昨日、街をぶらぶらしているとき、

こんなバスが止まっていた。


うちはこういうのに弱い。

もちろん、
息子のご機嫌取りにもってこいだから、というのもあるが、

何かに乗らずにいられない体になってしまっているようだ。


運転手さんがいたので聞いてみた。

1.5時間くらいの所要時間で、
バスの市内観光と、
ケーブルカーで展望台に登るのと、
セットになっているとのことだった。

これだ!

始発は9:00。



・・・ということで、
午前中はこのツアーをやっつけることにした。


[8:45]
バス停に到着。

早めに到着してしまった。
さすがに寒い。

5分ほど待っていると、バスが登場。

バスに乗り込み、市内観光。
そしてケーブルカーで展望台まであがり、
ベルゲンを一望した。

朝一のツアーにしたため、
ツアー客は、我々含め7人ぽっきりだった。

ガラガラである。

ケーブルカーで展望台から降りるとき、
第二便のグループとすれ違ったのだが、
なんと、結構ぎゅうぎゅう。

早起きして良かった。

五文くらいは得をしただろうか。


[11:30]
ホテルに戻り、チェックアウトを済ませ、
荷物をゴロゴロしながら、空港バスのバス停方面に向かった。

途中、通り沿いに結構大きな市場が開かれており、
うろうろして、ちょこっと買い物などした。

この市場、色々変わったものを売っていて、楽しめた。

クジラの肉の切り売りも。


  >今日の旅の写真へGO


[12:00]
歩いていると、同じツアーの子供連れの家族を、
レストランの窓越しに発見。

息子が入りたがったので、我々もそこでランチを取った。

  >こんなの食べました


[13:00]
空港バスに乗り、空港へ。

いよいよノルウェーともお別れだ。



その後、

コペンハーゲンでトランジットし、
ミラノはリナーテ空港に到着[22:20]。

行きがマルペンサ空港、
帰りがリナーテ空港となってしまったため、
タクシーで。

ここからがたいへんだった。

なんと、タクシーの中で、新衛門、
ゲロった。

暑いところ行ったり、
寒いところ行ったり、

行きたくも無いところに、
おとん、おかんに引っ張りまわされて、

そりゃ、疲れるわな。


コペンハーゲンでパスタをたらふく食べ、
機内で出たサンドイッチを食べ、   >機内の写真

たくさん入っていたから、
いっぱい出たねー。

運転手さんごめんなさい。
いい人でよかったっす。


家に着いたのは、夜の11:00ごろ。

うーわーー、疲れた。



〜 フィヨルドを訪ねる旅(ノルウェー) おわり 〜


■後記
ノルウェーと聞くと何を思い出しますか?

僕は全く何も思いつきません。(情けない)
せいぜい、このくらいです。はは。→ ノルウェイの森(上) ( 著者: 村上春樹 | 出版社: 講談社 ) ノルウェイの森(下) ( 著者: 村上春樹 | 出版社: 講談社 )


で、今回この旅で知ったのですが、

『トロール』

こいつはノルウェーの民話(?)神話(?)のようですね。

ハリーポッターの賢者の石でも出てくるアレです。

で、オスロの土産屋で、こんな本を見つけて
喜んでいるごいぴうちでした。









[ PR ]  イタリア・ブランド  ALESSIアレッシー  BRITAブリタ  REPLAYリプレイ  DIESELディーゼル  イタリア語を勉強しよう  TOEIC英語 
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO