旅行記トップ >  フィヨルド >  旅行記-1/2日目/3/4

フィヨルドを訪ねる旅(ノルウェー)

オスロからエイドフィヨルドへ (2004.8.14)



二日目:オスロ → エイドフィヨルド
  ホテルにて朝食後、添乗員がホテルに迎えにきます。
  オスロを専用車で出発して、
  ノルウェーで五番目に大きいティリフィヨルド湖畔、
  ハリンダール渓谷等の景観をドライブにてお楽しみください。
  昼食はゴールにて(自己負担)。
  昼食後ゴールを出発し、リゾート地として有名はヤイロを経て、
  その後ノルウェー屈指の滝「ヴォーリングの滝」を見学。
  16時30分頃エイドフィヨルド到着後、ホテルにチェックイン。
  夕食はホテルにて。

地図を見る


AM8:00、ロビーに集合である。
このホテルはこれきりなので、
荷物をまとめ、
朝食をとり、
チェックアウトを済ませなければならない。

まぁ、たいしたことではないが、問題は息子。
新衛門、一応、寝起きは良い方だが、場合によっては怪物になる。
が、この日はなんとか。ほっ。

このホテル、結構いいホテルで、朝食もとってもいい。
いわゆるバイキングスタイルで、
なんと、ごはんと味噌汁まで置いてあった!
すごい!

Clarion Hotel Royal Christiania
Postboks 768 Sentrum
NO-0106 Oslo
Tel.:(+47)23108000
Fax:(+47)23108282


朝食を取っていると、朝も早いのに、多くの日本人を見かけた。
みんな同じツアーなのかな?


[8:00]
ロビーにはたくさんの日本人が集まっていた。
なかなか見られない光景だ。
みんな、同じツアーなのかな?

と、その時、一人の男が現れた。
そして、一人一人に名前を確認しはじめた。
ガイドさんだ。

確認が終わると、バスに乗り込む。
結局ロビーにいた全ての日本人が同じツアーの参加者だった。

合計27人。
日本人だけのツアー。

我々の他に、2家族の子供づれがいた。
よかった〜。
子供づれは気を使うので、他にいるとほっとする。


[8:30]
旅行会社(J●B)の手違いで、
集合時間を間違って伝えられたグループが有り、30分遅れで出発。
まぁ、たったの30分だ。たいしたこたーない。

いよいよ出発。

   ・ガイドさん  : オオワダさん
   ・運転手さん : ニルスさん

”おおわださん、だんさん、おおわださん”だな。
覚えやすい名前だ。
こっちも、”不思議な旅”で、すぐに覚えられる名前だ。
あっ!どっちもN●Kだ!

などと思っているうちにバスは出発した。


[9:00]
『ティリフィヨルドの湖』にさしかかると、
オオワダさんが、”グリーグのピアノ協奏曲”(とやら)をかけてくれた。

オオワダさん、どうやら、クラシック好きのようだ。
8本もカセットを持ってきていたようだ。
が、このバスにはCDプレイヤーしかなく、カセットがかけられない。
悔しかっただろうなオオワダさん。


途中、北欧人のバカンスについての説明があった。

それによると、

・7月がバカンスシーズン
・だいたい年間5週間は有給休暇をもらえて、
 4週間は取るように職場で指導されている。
・行き先は
  1. サマーコテージで森の中の小屋。
    (上流階級じゃなくても持ってるらしい。)
  2 .キャンピングカーであちこち。
  3. チャーター便など安くなってきてるから、海外へ。
    冬はタイなどあっちの方まで足を伸ばす。

とのこと。

ちなみに、今現在(8月14日)の北欧は、
すでに休暇は終わって、仕事が始まっている、
とのこと。

最近は、スペイン、イタリアなどから、
多くの観光客が避暑のために訪れる、
とのこと。

なるほど、やっぱり、昨日のはそうだったんだな。


[10:00]
『クルーデルンの湖』にさしかかると、
ドライブインで一旦休憩。

再出発した後、今度は北欧語についての説明があった。

・ノルウェー ・スウェーデン ・デンマーク

この3つの言語は結構似かよっているが、
音的に近いもの同士と、
読み書き的に近いもの同士とがある、
とのこと。

例えば、ノルウェー人とデンマーク人は、
会話しても6割しか分からないが、読む方なら8割は分かる、
とのこと。


[11:40]
休憩を挟みながら、『ネスビエン』と言うところに到着。

ここのドライブインで昼食をとる。

本来なら、もう少し行ったところにある
『ゴール』という街で昼食の予定だったが、

予定のレストランがいっぱいで席が取れなかったらしく、
急遽変更。

このあたりのアレンジは、運転手のニルスさんの仕事らしい。

「時間早くて飯食えないよー」
とも思ったが、(なんせ豪勢な朝食だったので)
混雑もなく、
ちょっとした子供の遊び場も有り、
眺めのいいところも有り、

ナイスチョイスでーす、ニルスさん。

そしてここのチキン、なんだかとってもうまかった。
びっくりした。


[12:45]
再出発。


[13:55]
『ヤイロ』の街を素通りする。
スキー客で賑わうそうな。


[14:40頃]
休憩を挟みながら、バスはどんどん進んでいくと、景色が変わってきた。
緑豊かな山々から、はげ山へ。
”はげ”というほどでもないが、樹木の生えない山だ。


[15:00]
遠くに氷河が!

オオワダさんの話しによると、
ここまできれいに見えることはすごく珍しい、
とのこと。

今度はニルスさん、バスを止める場所を探し始めた。
本来そんなことはツアーに含まれていない。

我々50人乗りの大きな観光バスである。
こんな山道にバスが止められる場所は少ない。

まして、観光シーズン。
車が止まってたら、我々のスペースはない。

でもって、氷河が見えないとだめでしょ。

探すのは相当難しい。

が、その時、ニルスさん、見つけたー!

グッジョブ!ニルスさん。

みんな大喜び。


[15:30]
大きなダムがある場所にさしかかった。
その名も『シーセンダム(SYSENDAMM)』。

と、そのとき、ニルスさん、今度はルートを外れだした。
オオワダさんもちょっと困惑ぎみ。

どうやら、ニルスさんの思いつきで、ダムの近くまで上がってくれるようだ。
オオワダさんも初めて上まで上がると言っている。

※オオワダさん、このツアーを手伝い始めて10年になるベテランです。
  (本職は別の仕事らしい)


でかいダムだ!
驚くのは”石”でできているということ。

ナイスアレンジ!ニスルさん。


[15:50]
今回のメインテーマの一つ、滝。

『ヴォーリングの滝』

うぉー!

すごーい。

でかーい。

ちょっとー。
手すりとか、フェンスとか、無いじゃん。

でも、すごーい。

でも、こわーい。

でも、きもちいー。


マイナスイオン出まくりだな、きっと。


[17:00頃]
『エイドフィヨルド』にさしかかった、
と言ってる間に、ホテル到着。

ホテルの目の前が、フィヨルド。

目の前がフィヨルドなのだ!

すごい。

なんと贅沢な旅だろう。
あぁ参加してよかった(グスン)

Quality Hotel Voeringsfoss
Nedre Eidfjiord
Eidfjord, 5786 NO


ということで、本日のニルスの不思議な旅は終了。


[18:00]
夕食。
もちろんバイキング料理。

ところで、『バイキング料理』って言わないんだってね。
『スモーガスボード』って言うらしいじゃん。

※軽く戦いチックになって、写真撮る余裕がありませんでした。








おっと、この日の写真を貼り忘れるところだった。

  > オスロからエイドフィヨルドへ





[ PR ]  ゲルマニウム通信販売  補聴器みみ太郎  ナパイアブレストでバストアップ  DELLデル-モバイルノート  結婚・お見合い・出会い  Giappone in Vita 
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO