旅行記トップ >  フィヨルド >  3日目のディナー

フィヨルドを訪ねる旅 3日目のディナー

ベルゲン(2004.8.15)



ここには、『アレ』があるということで、我々は、とあるすし屋に行きました。

そのすし屋さん、その名も、
      ↓


『ナマ』て...


なんちゅーセンスや。



店内

いい感じね。

ちなみに、握ってるのは外人さんばっかりだったけど、
日本人らしきすし職人が一人混じってました。
その日本人、黙々と握ってました。

がんばれ、にっぽんのすし職人!






とりあえずビール。

ここにも、おいしいビールがあるらしいですね。
(ごいぴうちは、酒がいける口ではないので、 よくわからない:悲)






息子にはこれだ!

カテゴリは『ラーメン』だったけど、
これは、ラーメンではないな。

でも、ひじょーにうまかった。
びっくりした。


ここで、ちょっとした思い出話をば。

これをオーダーするとき、子供用だと言うと、
ウェイトレスさん、

「これ、ちょっとスパイシーだから、辛くないように作りましょうか?」

と。

なんと、気が利いてるんでしょう!

が、出てきたお皿、息子は、「辛い」と。

大人にはちょうどいいアンバイのホット加減だったが、
息子は「辛い」と。

思いきって、さっきのウェイトレスさんに、それを伝えると、

嫌な顔一つせず、作り直してくれた。
本当に、嫌な顔一つしなかった。

あー、なんていいお店だ『ナマ』


ところで、再度出てきたお皿は、、、まずくなっていた(笑)

そりゃそうだ。仕方がない。

でも、息子は、うまいうまいと、完食しました。ははは。






妻はこれを。

これも、ひじょーにうまかった。
これにも、びっくりした。

すしを頼んだ僕は、すこし後悔しました。






僕の頼んだすしは、こんな感じ。

普通でした。
普通のすしでした。


でも、ここで良く考えてみよう。

普通のすしが、なかなか食べられないんじゃないのか?イタリア。

普通のすしを食べるために、何十ユーロも払ってきたんじゃないのか?

ということで、

感動しとけ!

『普通様』に感動しとけ!









で、いよいよ、アレ




じゃじゃーん。

僕はこれを食いに来たのだ!


これ、もうお分かりですよね。

そう、

くじら

くじら
です。


なんと、このクジラ、この店名と同じく、

『ナマ』です。



えっ?
今なんとおっしゃいました?
すみません、良く聞こえませんが。

えっ、アジですか?

アジは食べてません。

アジも食べたいですねー。
フライにちょっとソースかけて食べたいっすねー。

えっ、そのアジじゃない?

クチに未来のミ?

あー、『味』!?
味ねぇ。

いや、そういうのはこの際、どうでもいいじゃないですか。

日本人として、失ってしまった食材を口にする。

ここに意味があるんですよ。

えっ、日本でも食べられる?

どこでー?








[ PR ]  ゲルマニウム通信販売  補聴器みみ太郎  ナパイアブレストでバストアップ  DELLデル-モバイルノート  結婚・お見合い・出会い  Giappone in Vita 
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO