おすすめ カッフェマシン エスプレッソマシン 通販サイトの紹介

La Pavoni の カフェマシン エスプレッソマシン

>> 楽天で購入できるお店一覧 <<
輸入エスプレッソマシン F&L
テープヤサン
コーヒー紅茶専門店Beans&Leaf
FRESH ROASTER珈琲問屋
珈琲と紅茶の店くらっち
イースマイル(キッチン用品)
ヤマギワ
我が家のカフェマシンはこれ"La Pavoni"。
           ↓
La Pavoni Europiccoala EL



アパートのオーナーが使ってたものを引き続き使わせてもらっているのだが、手動ならではのいい泡が出る。めっちゃお気に入り。

ところで、このLa Pavoniのカフェマシン、映画にも良く使われてるってご存知?

     見てみたい人はここをクリック

日本では「デロンギ」のエスプレッソマシンが有名だが、イタリアでは他にも優秀な カフェマシン、エスプレッソマシンのメーカがたくさんある。


イタリアのカフェマシンのブランドは、例えば、
    La Pavoni    La Pavoni(パヴォーニ)を楽天で探す>> ここ
    GAGGIA     GAGGIA(ガジア)を楽天で探す>> ここ
    Rancilio     Rancilio(ランチリオ)を楽天で探す>> ここ
    Saeco      Saeco(サエコ)を楽天で探す>> ここ
    ELEKTRA    ELEKTRA(エレクトラ)を楽天で探す>> ここ
    Faema      Faema(ファエマ)を楽天で探す>> ここ
    La Cimbali    La Cimbali(チンバリ)を楽天で探す>> ここ
    DeLonghi    DeLonghi(デロンギ)を楽天で探す>> ここ
    ・AEC
など。

そして、これらのメーカがバール向けコンシューマ向けに色々なブランドを使い分けていたりするので、これら以外にもたくさんあるようだ。
実に奥が深い。




【代表的なイタリアンカッフェの種類】


代表的なイタリアンカッフェをご紹介。

・エスプレッソ
    BARで「カッフェ」と言えばこれが出てくる。心配なら「エスプレッソ」か「カフェノルマーレ」と言おう。
    ちなみに「エスプレッソ」というのは英語の「エクスプレス」つまり「特急」と言う意味。
    強力な圧力と熱いスチームにより抽出され、あっという間に出来るから「特急」なのだ。
    小さなカップに入れられ、濃い味と泡が特徴。
    イタリア人はこの少量のカッフェに砂糖をどばどば入れ、甘ーくて飲む。


・カフェモカ
    イタリアで「モカ」と言えば専用の湯沸しポットのこと。これ→ビアレッティーエスプレッソメーカー2人用
    モカ産の豆のことではない。
    で、このポットで入れたカッフェがこれ。
    豆と水をセットし火にかけ、出来るのを待つ。
    味は同じく濃いが、エスプレッソのような泡がない。
    もちろん、BARではこんな時間と手間がかかるものはないので、これは家庭で作るもの。


・カフェアメリカーノ
    そのまんま、アメリカン。
    イタリア人はたいそうコレを馬鹿にしており、水で薄めたカッフェなんか飲めるか!と思っている。(作り方がちがうんですけどね)
    イタリアでアメリカンを頼むと水で薄めたエスプレッソが出てくるので注意。


・カフェルンゴ
    エスプレッソに少しお湯を加えた薄めのカッフェ。でもアメリカーノよりは確実に濃い(と思う)。


・カプチーノ
    エスプレッソの上にスチーム等で泡立てたミルクをタップリ入れたもの。
    フランスのカフェオーレとはこの点が大きく異なる。
    ちなみに、カフェオーレとそっくりなカフェラッテというものがあるが、これは家庭で作るものであって、BARで頼むことはない。
    もしミルクたっぷりがお好みなら「ラテマッキアート」というものがある。


・カフェマッキアート
    エスプレッソに少量のミルクを入れたもの。
    通常、カプチーノ用のミルクを入れるのでミルクの少ないカプチーノと言う感じになる。
    「カルド オ フレッド?」(暑いの?それとも冷たいの?)
    と聞かれることがあるかもしれない。冷たいミルクか熱いミルクかを聞いているのだ。
    冷たい方ならただのミルクが、熱い方ならカプチーノと同じ泡立てられたミルクが入れられる。


・ラテマッキアート
    カプチーノと同様の泡だてられたミルクたっぷりに、エスプレッソが加えられたもの。
    ようは、ミルクタップリのカプチーノみたいなもんだ。


・マロッキーノ
    泡立てたミルクをカフェマッキアートより多めに入れ、その上にカカオパウダーをトッピングしたもの。
    あるいは、ミルクの少ないカプチーノと表現すべきか。
    場所によってはこれがメニューに無い(知られていない)ところもあり、どこでも飲めるものでもなさそうだ。
    一度、とある田舎町に行ったとき、このカッフェを頼んだのだが、
    「何それ?」と言われたことがある。

    特徴は、小さなガラス製のカップに入れられてくることが多く、カッフェの茶褐色とミルクの白、そしてその上のパウダーが織り成すコントラストがなんとも美しい。
    ちなみに「マロッキーノ」と言うのは和訳すると「モロッコ人」。
    トッピングの茶色いパウダーがモロッコ人を連想させるとか。ホントか?


・カッフェコレット
    グラッパ(強ーいリキュール)入りカッフェ。


・アフォガート
    セミフレッドみたいなものに、エスプレッソがかかったもの。
    エスプレッソは熱いままかける。が、すぐさめる(当たり前か)
    これ↓がアフォガート↓
    アフォガート うまそ!


・その他
    その他にも地方でしか口に出来ないものや、色々種類があるようだ。探せばいくらでもありそうだ。




Copyright(c) Italia Pika1 All Rights Reserved
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO