旅行記トップ >  ブルージュ >  旅行記-1/2日目/3/4/5

ブルージュ旅行 2日目

2004年8月8日


朝、朝食を済ませた後、部屋で今日のプランを練る。

我々、行き当たりばったりな家族である。

昨日購入したパンフレットを見ていると、


クラシック・バス・ツアー
ダムとベルギーの海岸
     ※48ユーロ/大人

というやつを発見。
そして説明のところに

「・・・1952年に製造された本物のスイス製クラシックバスで
 周囲をドライブするよりいい方法を想像することができますか。」

「絵のような村とベルギーの高級リゾート地・・・」

そして、極め付きに、

「一生に一度は体験しなければ!」

とあるではないか!

のっとけのっとけ!

で、時間を確認すると、

 ・木曜日と日曜日
 ・ピックアップは9:30〜10:00の間

ということは、

「今日しかない!」

「今日を逃すと、一生行けないかもしれない!」

ということで、さっそく電話した。朝9:00過ぎの出来事である。

あわてて身支度して、集合場所へ。 

すると、待ってました。クラシックなバス。

クラシックバス
か、かっこいい。(うっとり)



このツアーに参加したのは、
イギリスから来られた老夫婦と、我々だけ。

つまり、半貸し切り状態!

のんびりしたものになった。子供付きにはありがたい。

あぁ、参加して良かったぁ。


が、今回の旅、波乱含みである。

このツアー中、僕は手のひらをハチに刺されるし、

あまりの暑さに息子は鼻血を出すし
(この日は例年にないくらい暑かったらしい)

パプニング続きであった。


ハチは痛いね。

すぐに毒を吸い出したから、3日目くらいには痛みはほとんどひいたけど、

この日と、次の日はもうテンション下がりまくり。

手のひらだったから荷物は持てないし、
やっぱり、いつなんどきも、五体満足が一番だ。


写真等はこちら >Old-Timer Coach Trip

そして、ここがこのツアーのHP >www.simatours.be/retrotrips.htm





さて、話しは大きくかわり、今夜のディナー。


考えるのが面倒なので、
某有名参考書「●球の歩●方」に載っていたレストランへ。

ちなみに、この参考書は『ヨーロッパ』という大雑把なものなので、
お勧めレストランが一軒しか載ってない。
ということは、このワザが使えるのは一回のみ。

昨日のレストランは、もう、霊感ヤマカン第六感だったが、
それであのウマさ。

有名参考書のところなら、、、いや、昔それを信じたせいで、、、

色々考えたが、、、ままよ!

ということで突入。


席にすわり、メニューをじっくり見る。

うーんつかめない。

しばらくして、ウエイトレスさん登場。

ということで、いつもの、

ご: 「おすすめは何ですか?」

しかしこの女性、ノーリアクション。

しばらく、僕と見つめ合う。お互い作り笑顔。

ご: 「いや、あのー、おすすめを教えて欲しいんですが。」

女: 「はい??? すみません、何を求めてらっしゃるか分かりません。」

と、そのとき、別の男(おっさん)が通りかかった。

ご: 「お勧めは何ですか?」

おっさん: 「何がお好みでしょう?お肉?それともお魚?」

ご: 「魚系を。」

おっさん: 「これはコレで、これはアレで、これは、・・・」

結局、全ての魚料理を教えてくれた。

ご: 「あっ、ありがとうございます。もう少し考えます。」

つまり、自分で考えろっつーことだ。

しばらく悩んでいると、若い兄ちゃんが話しかけてきた。

よし、再度アタックだ!

ご: 「お勧めは何ですか?」

兄ちゃん: 「これがおいしいです。あと、このサラダいいですよ。それから・・・」

これだよこれ!これを待っていたんだよ!!

で、我々の選んだ料理は > これ




今日は、ヒジョーに疲れたし、手のひらがこれまたヒジョーに痛いが、

充実した一日であった。



(つづく・・・)

Back   Next

↑Top

Copyright © 2004 goipioci All Rights Reserved


[ PR ]  イタリア・ブランド  ALESSIアレッシー  BRITAブリタ  REPLAYリプレイ  DIESELディーゼル  イタリア語を勉強しよう  TOEIC英語 
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO