旅行記トップ >  ブルージュ >  旅行記-初日/2/3/4/5

ブルージュ旅行 初日

2004年8月7日


[AM6:15]

我々はミラノのマルペンサ空港に向かった。

朝早かったせいか、バカンス渋滞もなく、予定通りマルペンサに到着。

そして、早速、アリタリアのチェックインカウンターへ。



今回の我々の目的地は、ベルギーは「ブルージュ」という都市。

妻が前々から、

「ベルギーのワッフルが食べたい」

と言っていたので、

「今度の夏休みはベルギーだな」

ということで、ある旅行代理店に相談すると、

担当の女性がブルージュをすすめてくれたので、

素直な僕はブルージュの4泊旅行を、

なんの予備知識もなく、決めた。



話しは戻って、マルペンサのアリタリアカウンターにて...


ご: 「ブリュッセル行きお願いします。」

相手は、新人っぽい女性である。

女: 「奥様とお子様のビザがありませんが。」

いきなり来た。

※このとき家族用の滞在許可証がまだ取れてなかったのです。
※警察からもらった引換券があり、それで代用できると言われていたのですが・・・

イタリアを出る前にいきなりこれだ。

ご: 「この引換券で代用できるはずです。
    我々はCoisioneと言う処理の最中で・・・
    中央警察でこの引換券をもらって・・・
    その警官の話しだと、この引換券で海外に・・・
    なので、問題ないはずです。」

女: 「ちょっとお待ちください。」

この女、周りに聞きまくっているが、
まわりもなんだかはっきりしない様子である。

そして、電話である人物にたずねるよう指示されたようだ。

女は何度も電話を試みるがその人物と繋がらない。

ご: 「何か問題なんですか?」

女: 「ビザがないのが問題なのです。」

ご: 「先ほども言いましたが・・・」

女: 「今確認中ですので、しばらく・・・」


そうこうしていると、ベテラン(そうな)女性が我々のカウンターに来た。

そして、その女はそのベテラン(そうな)女性に相談した。

イタリア語はあまりわからないので、はっきりしたことは言えないが、

そのベテラン(そうな)女性は「問題ない」と言っているようだ。

が、その女、さらに、繰り返し電話を試みている。

ようやく、つながった。どうやら問題なさそうだ。

「だから、言っただろ?」

とか、色々言ってやりたい気持ちでいっぱいだったが、

飲み込んだ。

とりあえず、不快感を顔に思いっきり出しておいた。


すると、また別の問題が発生したようだ。

2列2列の計4列の機種のようで、
うまく3人横並びに席が取れないようだ。

で、あれこれ空き席を探した結果、ようやく席が決まった。

No.2だ。

つまり、ビジネスクラスへのアップグレードだ。

これは、ありがたい。(ニヤリ)

と言っても、小型機種なので、エコノミーと何が違うんだい!
という感じの普通の席であろう。


カウンターでのひと悶着は、これから起こるトラブル続きの旅の、
序章に過ぎなかった。(と、少し大げさに表現してみる)



[AM9:05]

予定通り、搭乗開始、そして、”2”のビジネスクラスの席へ。

やっぱり普通の席だ。

ただ、”埋もれてない”というのは気分がいいもんだ。


[AM9:50]

出発予定時刻はAM9:30である。
にもかかわらず、いっこうに動く気配がない。

とそのとき、なにやら、アナウンスが・・・

荷物が飛行機に届かないため離陸できない、とのアナウンス。

さすが、アリタリアである。


[AM10:15]

またアナウンス。トラフィックプロブレム?なんだ?


[AM10:15]

もうすぐ、テイクオフするよー、とのアナウンス。


[AM10:45]

さぁ、テイクオフするよー、とのアナウンス。

その後まもなく、動き始めた。

結局、飛行機内で一時間以上待たされた。

さすが、アリタリアである。


[AM11:15]

機内食をいただく。  > こんなの


[AM11:30頃]

いつものように、空からの写真を撮っていると、

こんどは、キャビンアテンダントが、

キ: 「使ってはダメです。」

ご: 「これ、ただのデジタルカメラなのに?」

キ: 「デジタル機器は、飛行中、使用禁止です。」

ご: 「普通のフィルムカメラならいいの?」

キ: 「飛行中は、どんなカメラも、電子機器類も、使用禁止です。」

僕は、そんなこと言うヤツ、初めて聞いた。

さすが、アリタリアである。


[AM12:00頃]

着陸。無事ベルギー、ブルッセル空港に到着した。


ここからブルージュ(Brugge)への行きかたは、電車で、


  【空港】 → 約15分 → 【ブリュッセル市内】

        → 乗り換え →

  【ブリュッセル市内】 → 約1時間 → 【ブルージュ】


である。(11.9ユーロ/人)


途中の、乗換駅である「Brussel-Noord」で時間があった為、

駅構内をウロウロすると、ワッフルを売っている店を発見。

  > これ

妻の目的はあっけなく達成された。

が、帰るわけにもいかないので、ブルージュへGO。


[PM3:00頃]

無事、ブルージュへ到着。

到着するやいなや、インフォーメーションセンターに直行した。

これ、この冊子を入手するためだ。(1ユーロ/冊)


その後、タクシーに乗りホテルへ。(約8ユーロ)

ちなみに、我々の泊まったこのホテル、お勧めではないので伏せておく。

なんか、感じ悪かった。



ひと段落し、早速町をぶらぶら。

「なんてきれいな町!!!」

旅行代理店のお姉さんが、

「冗談みたいにきれいすぎる町」

と表現していたが、まっこと美しい町である。   街の写真へGO>>



今晩のおかずをUPしておこう。  > 初日の晩ご飯
ベルギーの食事もおいしいね。


(つづく・・・)

Next

↑Top

Copyright © 2004 goipioci All Rights Reserved


[ PR ]  おすすめ子供用自転車 補助輪なし  ネットでお小遣い  格安お得なレンタルサーバー  エンジュク ¥塾  携帯サイトでアフィリエイト  くらべる君でキャッシング 
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO