旅行記トップ > アマルフィ 初日/ 2日目/3日目/4日目

アマルフィ 4日目

2004.6.29

スポンサードリンク

最終日、いよいよミラノに帰る日、朝食をとりながら、我々は悩んでいた。

どうやってナポリまで行こうか・・・。 (←おいおい、まだ決めてなかったんかい!)

『地○の○き方』を持っていたので、それを見てましたが、

何度みても、ひっくり返しても、裏っ返しても、今ひとつ...

わかりにくい!

もう、バスはいいや、と思っていた我々は、とりあえず、カプリまでのフェリーがあることだけは知っているので、

「まぁ、ちょっと時間は早いけどそれでいいや」
と思っていました。

まず、カプリまで行って、
チケット売り場かインフォメーションかどっかで、
いい時間のナポリ行きでも教えてもらって、
それに乗って帰ろう、

と。

カプリ行きのタイムテーブル(再掲載)
9:10アマルフィ発 カプリ行き11ユーロ/大人
17:15カプリ発 アマルフィ行き11ユーロ/大人


◇     ◇     ◇     ◇     ◇


朝食後、早々とチェックアウトをすませ、船着場へ向かいました。

そして、チケット購入。

切符売り場の兄ちゃんは、僕の顔を覚えていたらしく、

「またカプリかい?気にいった?」

なんて言ってきました。僕は、

「はい。」

なんて適当に返事をしながら、チケットを買いました。


そのあと、急に思いつきました。

(ちょっと待てよ。他に何かいい便があるんじゃないか?)

ようやく気づきました。(←僕はバカです。)

で、早速さっきの兄ちゃんに

「ナポリに行きたいんだけど、何か時刻表みたいなのある?」

さっきカプリ行きの切符を買ったところにこの質問。
額には『?』のマークが浮かんでいましたが、それでも彼は優しく、

「ホラよ」

と差し出しました。

(やっぱ、あるんじゃん、他の便。)

早速、チケットをナポリ行きに交換してもらいました。

ナポリ行きのチケット 9ユーロ/大人。

(なんだよ、カプリより安いじゃん!)

差額は返ってきませんでした(悲)



もらった時刻表というかルート表を見て、ベストなルートと時間の検索を開始。


が、僕の脳内CPU、フリーズ。


わからんのです。

時刻表の見方が、ようわからんのです。


再び、彼のところに行き、

どれに乗りゃいいの?
何時出発なの?
何時到着なの?

と。

「んーっと、午前中なら、これとこれがナポリに行くやつね。」

(2便もあるじゃん!)

「で、この早い時刻の方だと、2時間15分かかって、
 で、次のヤツだと、1時間25分で着くね。」

(何やその違いは!?)

分かりました!
我々のフェリーは11:45発です。

それでも、少し早すぎるんですけど、

9:10に出発して、カプリで乗り換えて、しかも大荷物を持って・・・

なんてことより、かなーりマシ。上等です!

【Tip】
アマルフィ発ナポリ行きの時刻表(2004年6月29日現在)
出発時刻ナポリまでの所要時間
9:352時間15分
11:451時間25分
15:302時間15分
17:101時間25分
18:252時間15分



さぁて時間が出来た。荷物をホテルに預けて、

さて、何しよう。

もうやることは決まっています。

『釣り』


釣れました、釣れました。今日も小魚たちが釣れました。

ホラこんなヤツです。ちっこいです。

ぎょ

我々は、竿無しでの釣りのコツをつかみました!


◇     ◇     ◇     ◇     ◇


いよいよ出発の時間が近づきました。

船着場で待っていると、少し予定より遅れて、

フェリーが登場。

フェリー(ナポリ行き)

このフェリーはポジターノ経由です。

ここがポジターノ

ポジターノ

この町もなんだか綺麗よね。


ポジターノの次はナポリまでノンストップです。

早いですねー。速いですねー。

あのバスのルートはいったいなんだったのかと思っちゃいます。
まぁ、バスからの眺めは良かったですけどね。


     ◇     ◇     ◇     ◇


ナポリはヌオーヴォ城近くの港に着きます。

そして、空港行きのバスがすぐそばのムニチーピオ(Municipio)広場の近くから出ている、

と、僕の某有名参考書に出ています。


港についた我々は、早速そのバスの乗り場に向かいました。

が・・・・・・・分からん!

いったいどこだ、バス乗り場!

なんか違うぞ、情報提供主!


ぐるぐる歩いていると、おじいちゃんが話しかけてきました。

「どこに行きたいの?」

「空港行きのバス乗り場です。」

「あぁ、それなら、バスはいつもこっちから来て、こう回って向こうに行くから、多分あの辺だよ。」

ありがとう、親切なおじいちゃん。

ナポリの治安の悪さにちょっとビビっていた我々は、

ナポリ、ちょっと見直しました。


そして、さらに大荷物を引きずりながら歩いていると、違うおじいちゃんが話しかけてきました。

「どこに行きたいの?」

「空港行きのバス乗り場です。」

「それなら、あっちだよ。」

「あっちですね。ありがとう。」

「ついておいで。すぐこだから。」

と言って、バス乗り場が見えるところまで案内してくれました。

なんて親切なんだ。ナポリのおじいちゃん。

「ありがとうございます。」

「いやーお礼と言っちゃあなんだが、コーヒー一杯分でもくれるとうれしいなぁ。」

「はっ?」

「チップだよチップ。コーヒー一杯分でいいからさあ。」

「はいはい、じゃあ60セントね。」

「足りん、こっちじゃ。」

そういって僕の手のひらから、2ユーロかっさらっていきました

やっぱりナポリは怖いところでした。


結局、停留所の場所は、ムニーチピオ広場を取り囲む道の、ヌオーヴォ城側にありました。

結構、港よりです。

つまり、港からすぐそばです。

我々、おおおおおお回りしてしまったようです。

某参考書とのちがいについては、場所が当時とは変わったのかもしれませんね。

なんせイタリアですから。(←不可解なことは、全てこれで片付けます)


空港行きのバスに乗り(3ユーロ/大人)、空港に向かいました。

その時、はじめてナポリの町並みを見ました。

なんだか小汚い

僕は、ミラノにも小汚い印象を持っています。が、それ以上に、

小汚い

とっても失礼なことを言ってますが、正直、小汚い、と思ってしまいました。
ナポリ好きの皆様、本当に失礼なことを言ってすみません。

でも、あの美しい海岸沿いの町と、この大都市の違いっていったい何なのでしょう。

考えさせられます。


そして、無事、空港につき、ミラノへ向かってテイクオフ!

テイクオフ

空から見るナポリの街は、美しかった。

イタリアとの付き合いはこの視点が必要なのかな。


さよなら、青い海
さよなら、抜けるような空
さよなら、南イタリアの熱い太陽


以上、ごいぴうちのアマルフィ滞在日記でした。




HOME




Copyright © 2004 goipioci All Rights Reserved


[ PR ]  ゲルマニウム通信販売  補聴器みみ太郎  ナパイアブレストでバストアップ  DELLデル-モバイルノート  結婚・お見合い・出会い  Giappone in Vita 
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO